自動車を売るなら専門家に診てもらいましょう

売るときの基本をチェック

車の買取の際、必ず専門家に見てもらってから正確な買い取り額が出ます。実際に専門家が確認する事で、その車の適正の価格が分かるわけです。

 

 

車の査定時でチェックされるのは、車の装備品や車内の状態はもちろんですが、一番大事なのは車体の傷ですよね。

 

 

素人では分からないような傷でも、専門家が見れば一発です。傷の状態によっては査定額が大きく下がってしまう可能性もあります。車が傷つく状況と言うのは走っていればどこでも起こり得ることですので、完全に無傷でとうことは難しいかもしれませんね。

 

 

そういった傷によって査定での影響は避けられませんので、傷を事前に直しておけば査定額が大きく上がるものなのでしょうか?答えはノーです。十万円以上のお金をかけて傷を治したとはいっても、査定額がそれ以上に上がるかと言うとそれは考えにくいです。

 

 

 

わざわざ高いお金を支払って終始してから売却するくらいだったら、傷があってもそのまま売却したほうが得をすることのほうが多いようです。

 

 

とはいっても、傷の状況によっては直しておいた方が有利になる可能性もありますので、査定の際に傷によって減額があったのであれば、この傷を治したら査定がどれくらい上がるのかを担当の人に確認すると良いですよ。

 

 

 

とはいっても、車の価格は変動しますし、直している期間の間に買い取り額が下がってしまう可能性もありますので、たいして値段が変わらないのであれば、手間をかけるよりもそのまま売却してしまいましょう。